能登ごいた保存会 長野支部

~私の考えるごいた論(4)~

 こんにちは。すぎなみです。久しぶりに時間が取れたので更新を。

 以前、能登の大会に行って来て思ったのは能登でもいろいろな打ち方があるということ。

  ○○打ちのように名前がついているものも多いそうですよ。

  特に多いのが、香2枚持ちの打ち方。

  大会で有効だと思ったのは
  (1) 香香角
  (2) 香角香
            のような攻め方。

 あとはたまにみるのが
  (3) 香角金   のように攻めて香で待っているパターン。
 
 能登の格言「角の後に香が飛び出す」に従えば
  (4) 角香香
            みたいな打ち方もあるようです。
     (このうち方はあまりよく知りませんが……。勉強不足ですいません。)

 どれが強いのかはその他の手牌によるところも大きいのでしょうね。
 大切なのはパートナーとの意思疎通だと思います。パートナーといろいろ相談して、いろいろ試してみるのもいいかもしれませんね。

 短いですが、本日はここまで。お付き合いいただきありがとうございました。

【 私の考えるごいた論なのにほぼ何も主張してない……orz】
 

                                                                (部長)
スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 00:10:07|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

~私の考えるごいた論(3)~

全国のごいたファンの皆さまお久しぶりです。雑談担当のすぎなみです。
今日もごいたについて語らせていただこうかと思います。

今日のテーマは「捨て牌(駒?)の読み方」です。

個人的にはここら辺を考え始めるとがぜんごいたが楽しくなってくると思います。

さて、具体的な読み方ですが、以前「私の考えるごいた論(1)」にて多く持っている駒から切っていくといいという話をさせていただきました。
今回はこれを逆手にとって敵または相方の持ち駒を読みます。
すなわち、
 「第1打で攻めた駒はその人が複数枚持っていることが多い」
ということです。

 こう書くと結構単純に思えるのですが、これを意識するだけでだいぶ見え方が変わってきます。

 実践譜をみてみます。

状況は 90-60でリード、相方の親でスタート
持ち駒 『し し 馬 銀 銀 角 王 王 』

味方A |敵方B|自分C|敵方D
伏せ銀|なし  |なし  |なし
伏せ飛|飛受金|なし  |金受香
なし  |なし  |なし  |伏せ馬
なし  |なし  |馬受銀|なし
なし  |なし  |(し)王 |なし
なし  |なし  |(し)王 |なし
なし  |なし  |(銀)角         まで、 C の40点上がり




このごい譜ですが、Cさんが上がり点を損しているのに気付いた方はおりますでしょうか?


今、味方のAが第1打に銀で攻めています。すなわち、Aのところには複数枚の銀があることが予想されます。(この場合は、自分Cのところに銀が2枚あるのでAのところにはほぼ確実に2枚あるはずです)
そのあと、展開は進んで馬受けから自分Cの攻め番が回ってきました。

このとき、実践譜では、
銀→王→王→角 (40点あがり) の順で攻めていますが、
     銀→銀→王→王 (50点あがり) だと10点多く点が取れていました。

これは、Aのところに銀2枚(←1枚は読み)、Cのところに銀2枚と王2枚あることから、銀が必ず通るということが根拠になっています。

もっとも、第1打で1枚駒から切るファンタスティックな打ち方をされる方もいますので、必ずしも読みなしの確定角あがり40点が間違っているとはいえないのが悲しいところではあるのですが……。

ちなみにこの読みの習性を逆手にとってわざと相方と示し合わせたうえで1枚ゴマから切る戦法を取られる方もいるようです。
大切なのは、相方と事前に打ち合わせをしておくことですね。

 以上、「捨て牌(駒?)の読み方」でした。
  (部長)


_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

※ この「私の考えるごいた論」ですが、本来月1ぐらいのペースで書けるといいなと考えながら始めたものでしたが、担当のすぎなみの仕事の都合で執筆の時間が取りづらい状況にあるため、更新速度は大幅に遅れることが予想されます。時間とネタが降ってきたときにまた更新しますので、よろしくお願いします。



  1. 2016/05/15(日) 20:33:16|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

~私の考えるごいた論(2)~

 こんにちは!
 松本ごいた部雑談担当(兼部長)のすぎなみです。
 
 今日もごいたについて少し語らせていただこうと思います。

 実は、前回の松本ごいた部 定例会(2016/2/19開催)にて何人かと議論した問題がありました。ちょっと、みなさんも考えてみてください。


 【問題】
   得点0-0の場面で自分の親
   配られた駒が
     「し し し 飛 角 角 玉 王」
   のとき、どこから切るか?




















 ある程度、ごいたに慣れ親しんだ人ならおそらく選択肢はすぐに浮かぶのではないでしょうか。

 とりあえず、松本ごいた部内で考えた選択肢は3つ。

 ① し(or飛)伏せ 角攻め
 ② し伏せ 飛攻め
 ③ し伏せ し攻め

 まず、①の選択肢から考えていきます。
 この角攻めは敵方に受けられる駒(王or角)がないので、あとはそのまま、
 
 し伏せ 角攻め
    ↓
 し伏せ 王攻め
    ↓
 飛(orし)伏せ 玉上がり

と確定50点あがりとなります。
 100%上がれるので十分に強い手だと思います。


 次に考えられたのが、②の選択肢です。
 これは、敵方に角を受けられる駒(王or角)がないことを見越して王玉あがり100点を狙いにいったものです。

 あとは、初手の飛攻めが通るかどうかですが、単純に考えるのならば、敵2人味方1人のうち、味方に最後の飛が入っていればよいので1/3の確率で100点があがれそうです。

(飛を受けられなかった場合の2手目以降は
  し伏せ 角攻め
     ↓
  し伏せ 角攻め
     ↓
  玉伏せ 王上がり  まで100点   )
 
(もちろん、味方に飛と4香が入っていて受けられてしまったり、相手に飛が入っていてもスルーされたりと、不確定要素が多いので厳密に1/3の確率にはなりませんが。)

 では、逆に飛を受けられた場合を考えてみますと、相手に攻められる駒は次の3パターンになります。

②-1 し攻め
②-2 香攻め
②-3 その他の駒

 一番ありがたいのは②-1の場合。
 し受け 角攻め から、飛を受けられなかった場合と同じように100点であがれます。

 一番ありがたくないのは②-2の場合。
 自分は香を持っていないので何もできません。相手に3香ないしは4香を持たれると何もできずに終わってしまうこともあります。味方に期待ですね。

 そして、②-3のパターンですが、飛の賭けに敗れた以上、さっさと上がってしまうのが得策かと思います。
手順は、
   王受け 角攻め
      ↓
   し伏せ 角攻め
      ↓
   し伏せ 王上がり

で確定50点あがりです。

 一応、し攻めを待つためにスルーするという選択肢もありますが、香で終わる確率が上がってしまうので、私はあまり好みません。



 では、最後に、選択肢③ですが、考え方は②に似ていて100点あがりを目指すためのものです。
②と比較した場合のメリットは2手目で し 以外にも 飛 でも100点上がりを目指せる点、初手にし攻めをしているため、味方からのしによる援護が期待できる点があがります。

 一方で、デメリットは、初手でたくさん場にある し で攻めるため、かなりの確率で相手に受けられ、手番を渡してしまうということです。相手に手番を渡した場合、天敵の香で押し切られる可能性があがってしまうのです。


 以上、松本ごいた部での検証でした。

 いかがだったでしょうか?
 このような、何切る?問題はツイッター上でも取り上げられています。
 ツイッターをやられている方はハッシュタグ「#今日のごいた」で検索をしてみてください。色々な問題と出会うことができますよ!



 では、本日はこの辺で。ここまで読んで下さった方ありがとうございました。
  1. 2016/03/08(火) 21:46:53|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

~私の考えるごいた論(1)~

 初めまして、松本ごいた部部長のすぎなみと申します。

 縁ありまして、松本ごいた部の雑談担当となりました。どうぞよろしくお願いします。

 さて、我らが松本ごいた部は優秀なスタッフがそろっており、部長の仕事はあまりありません。
その部長の数少ない仕事のうちに「初心者へのルール説明」があるのですが、今日はその初心者の方からよくある「どの駒から出していけばいいの?」との質問をテーマに私の考えを述べさせていただきたいと思います。

 まず、私には初心者の方に尋ねられたり、悩まれていたりした時にするアドバイスがあります。

 「駒をよ~く見てください。よ~く見ると光っている駒がありますね?その駒が正解の駒ですよ」と。

 まあ、このアドバイスをすると大抵、周りからは非難されるのですが(汗

 私がどちらかというと理論より直感を大切にしているプレイヤーであることは確かですが、一応、このアドバイスには狙いがあります。

 まずは、好きなことをやってごいたを楽しんで欲しいということです。

 あくまで、私個人の考えではありますが、ごいたに限らずゲームというのは自分で勝ちパターンを考えて実践していくことが楽しみの一つであるはずです。

 そこで、まずは、細かいことは気にすることなく、色々な手を実際に打ち、試してほしいと考えています。

(実はこのアドバイスは私が麻雀を初めて習ったときの受け売りでいまだに大切にしています)


 そのステップを踏み終わった(いろいろ試した)方は私の中では「初心者」から「初級者」にランクアップしています。(早い方だと2~3ラウンドでこの領域に達します)

 この初級者の方には必要ならば、もう少し突っ込んだアドバイスをします。

次にするアドバイスは「枚数の多い駒、特に金銀馬香で3~4枚持っている駒は優先して攻めに使う」です。

 たとえば、

 「 し し 香 銀 金 金 金 角 」

といった手が入り、親番だったとします。

 どこから切っていきますか?




 ある程度ごいたに慣れ親しんだ人は、
① し 伏せ 金 攻め
② 銀 伏せ 金 攻め

 のどちらかが多いのではないでしょうか。

どの駒を伏せるかでまた、一つ議論ができそうですが、今回は本題からそれるので割愛します。(ちなみに、私は し 又は 銀 のうち、よく見て光っている方を伏せますが、 し が光っていることの方が多い気がします)

金で攻めるメリットは相手方にある可能性のある受け駒が 金1枚、王2枚の計3枚しかない点です。

(角も確かに受け駒3つですが、2手目、3手目の攻めがありません)

金で攻めて敵がすべてパスしてくれれば、次も し なり 銀 なり 伏せて 金 攻めでよし。

相手が数少ない駒で止めてくるようであれば、自分の受けられる駒を待って、再び金攻めをはじめれば、相手は前回よりさらに少ない駒で対応せざるをえなくなり有利に事を進めることができます。

 ところで、先日の定例会において私と組んだ初級者の方がこの例とよく似た手が入ったとき、

し伏せ金→し伏せ金→金伏せ香

 と打たれたことがありました。

 曰はく「最後に金で攻めて王で受けられたくなかった」とのこと。

 私はこの際、逆に考えています。

相手に王で受けられた方が都合がいいのです。

 相手に王を打たせることによって、まず、王上がり50点の可能性を減らすことができます。
 また、敵の王を1枚使わせたため味方の攻めが通りやすくなる、味方がもう一つの王を持っていた場合攻められるようになるなどなどのメリットがあります。

 一応、デメリットとしては相手に手番を渡してしまうというものがありますが、香や他の駒でも同じことが言えるため3回目も金打ちがよいと思います。

(たまに3手目に金で攻めず、待ちに金を加える方がおりますが、その手はどうなんでしょうか。仲間からの金の差し込みを期待する【1・2手目の金攻めがスルーされているため相方が4枚目の金を持っているだろうという読みが根拠】意味だと思うのですが、その手の有り無しは直感派の私には判別つきかねます。味方との意思疎通が取れていればありな手かもしれません。)


 雑談、ということで最近のごいた会などで思っていることを書いてみましたがいかがだったでしょうか。

 あくまで私の個人的な考えをまとめてアウトプットしたものですので、もしかしたら論理に矛盾があったり、別の考え方があったりするかもしれません。

 その時はぜひコメントなどで教えていただけると幸いです。

~本日のまとめ~
① 「光っている駒から打つ」
② 「3~4枚持っている駒での攻めは強い」
③ 「ごいたを楽しんで!」

以上、お付き合いありがとうございました。


(部長)
  1. 2016/01/22(金) 22:21:47|
  2. 雑談
  3. | コメント:0

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

能登ごいた保存会 長野支部

Author:能登ごいた保存会 長野支部
そうだ!ごいたやろう!

最新記事

カテゴリ

はじめに (4)
開催日程 (17)
活動報告 (12)
例会成績 (13)
その他 (1)
雑談 (4)
対戦記 (1)
ごいた探訪 (1)

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する